コンタクトレンズを購入する手順

コンタクトレンズにはハードレンズとソフトレンズの2タイプがあります。その中で、使い捨て、2週間、定期交換タイプ等、いくつか種類があります。人によって眼球のカーブや大きさ等は違うので、どのタイプでどのパターンを選ぶかは、一人ひとり違ってきます。合わないコンタクトを使用するのは目に負担をかけますし、視力の低下にも繋がります。まずは眼科へ行き、自分に合ったコンタクトを見つけることが1番です。また、コンタクトを継続して使用する方も、インターネットで購入だけ行うのではなく、定期的に眼科で受診することをオススメします。直接目に付けるものなので、眼球にキズや異常がないかどうかはもちろん、視力が変わっていないかを診てもらい、その時そのときに自分に合ったコンタクトレンズを使用しましょう。

コンタクトレンズを初めて使用する人が購入するにあたって

インターネット上で購入する場合を除き、一般的に販売しているコンタクトの専門店では、眼科で受診後に貰う処方箋が必要です。視力・コンタクトのタイプ(ハードかソフトか)・コンタクトの装着や外し方・手入れ法(1日タイプ以外)は眼科でも教えてもらえます。ハードレンズとソフトレンズ、どっちが合うか分からなくても、眼科で相談し、一度ソフトタイプを着けてみて、自分の目に合うか試してみるのも1つの手段です。眼球のカーブについては、眼科の先生もしくは看護士さんが測ってくれるので心配ありません。次に、どのパターンのコンタクトを選ぶかですが、初めての方は”One Dayタイプ”がオススメです。1日1回の使いきりタイプなので、毎日継続して着けることもありません。眼鏡とコンタクトを交互に使うことが可能です。最後に、購入するコンタクトの会社の選び方ですが、実際に使用している友達や家族の意見を聞いたり、眼科の先生に聞いて決めるのも1つの手です。ただし、実際に装着してみて合わないと感じたら、すぐに変更した方が良いでしょう。

眼鏡よりもコンタクトレンズを愛用している人へ

眼鏡からコンタクトに変えた人、始めからコンタクトを使用している人、それぞれいると思います。その中で、「眼科での受診は次回で」と言う方が何人かいるのではないでしょうか。見え方も変わってないし、痛くなってないから大丈夫、と思ってはいませんか?コンタクトを購入する度に受診すべきだとは言いませんが、定期的に眼科で受診することを推奨します。尚、近年芸能人が使用して流行り出した”黒目を大きく見せるコンタクト”や”カラーコンタクト”がありますが、通常のコンタクトと違い、色が入っているレンズを目に直接着けるわけなので、通常のコンタクトより目に負担がかかります。眼球にキズが入ってないか、視力が低下してないか、定期的に眼科で診てもらいましょう。最後に、One Dayタイプ以外を使用している人は、使用しているコンタクトの洗浄がきちんとできているか、期限を守って新しいものに付け替えているか、今一度確認してみましょう。