コンタクトレンズは処方箋なしでも買えます

使い捨てコンタクトがすっかりと主流になった今、考えることと言えば、ワンデータイプにするか、2週間とか1カ月とか一定の期間使って捨てるコンタクトにするかということがメインでしょう。しかし、使い捨てレンズは使っているといつかはなくなります。なくなる前に買わなければ不便な思いをする事になってしまうかもしれません。最後の1枚のレンズなのに、装着時に、洗面台の排水溝に流してしまったとか、旅行に持って行って、持ち帰るのを忘れたなどということもあるでしょう。そうならないために早めに通販で購入しておきましょう。意外と知らない方が多いのですが、コンタクトレンズは処方箋がなくても買えます。しかし、よりぴったりと合ったコンタクトレンズを買うために知っといた方が良いことがあります。 まず、いま自分が使っているコンタクトレンズの度数とカーブなどのサイズを知っていればその情報を元に購入できるということと、眼鏡の度数がわかればそれを元に自分の度数を選ぶという方法もあるということです。では詳しくご説明いたします。

最近使っていたコンタクトレンズを元に選ぶ

本当はコンタクトを購入する時、前回の検眼から時間が経っていれば、新たに検眼をするのが理想です。視力というのはわりと変わりやすいものだからです。特に、現在はスマホの普及で近視になる方、若い年齢で老眼になる方で増えています。快適な視界を望むのであれば、眼科で検眼教え処方箋をもらうのがベストです。しかし、事情があって処方箋なしですぐ買いたい場合は今使っているコンタクト、あるいは最近使っていた物と同じものを購入すると良いでしょう。ただし、メーカーによって見え方などは若干違ってきます。 試着ができないのが通販の欠点ではありますが、返品の可能なところもあります。そのメーカーやショップによって違いますので、購入前に返品についてもよく調べてみると、 失敗のない買い物ができるでしょう。 このように通販を利用する時のために、自分が使っているレンズの情報は常に忘れないようにしておくべきです。その情報とはpower(度数)、BC(ベースカーブ)、DIA(直径)です。 安い通販ショップやキャンペーンなどをやっている時にはお得にコンタクトを購入できます。

眼鏡の度数を元にコンタクトを購入する

あまりおすすめする方法ではないのですが、どうしても処方箋無しでコンタクトが欲しいという場合もあるでしょう。しばらくコンタクトを使っていなくて、前回使っていたコンタクトの情報も覚えていないという時もあるでしょう。その場合、眼鏡の度数を元にコンタクトを選ぶという裏技があります。ただし、自分の目に最適であるとは限りません。この時、大切なことは強い近視の場合、眼鏡のほうが度数は一段以上きつくなることが多いということです。これは、眼鏡の場合、瞳と距離があることにより、コンタクトよりもきつい度数になるのが普通だからです。これは眼鏡の度数と、コンタクトの度数を両方知っている方に聞いてみても、同じような答えが返ってくると思われます。そのような方が多いです。たとえば、眼鏡で-5.00であれば、コンタクトは-4.75が合う可能性が高いということです。中にはメガネの度数もわからないという方もいるでしょうけれど、メガネ屋さんで眼鏡の度数は無料で測ってもらえますので利用したらよいでしょう。

定期購入の方は買い忘れがなく安心!会員ランクも上がりよりお得になります。 厚生労働省により医療機器として承認を得たコンタクトのみ取り扱いしています。 注文から最短2日でスピード配送!送料は日本国内(離島でも)完全無料でお届けされます! リピートユーザーには会員ランクごとに異なるポイント制度があります。現在はポイント3倍デー実施中。 良いコンタクトレンズを安く購入するなら